カリキュラム紹介

【自由花】(1ヶ月4回稽古をした場合の標準的な例)
入門: 水盤を使った花型の練習を通 じて花の見方や技術の基礎を学びます。
(16教程4ヶ月)

初伝: 入門教程で身につけたものを更に深めながらコンポートなども使って花型のバリエーションを学びます
(28教程7ヶ月)

中伝: 花瓶にいける技術の練習や自由な創作へ向けての構成方法を練習します。
(32教程8ヶ月)

皆伝: 構成法、発想法の他、植物の個性を表現する練習をします。
(56教程14ヶ月/この頃から、希望者は生花の教程を学び始めることが出来ます)

教授: この教程を終えると作家または指導者としての活動が始まります。
(最短で36教程)

■ 自由花の教程が進めば生花そして立華と稽古の場も広がります。 ■

トップに戻る