ヘッダー


ロゴ
トップページ








PUBLISHING










書籍及び定期刊行物の紹介

龍生派では、創流以来伝承してきた古典華、また独自の方法論に基づき展開してきた自由花のそれぞれにおいて、精選された作品の掲載された家元著による書籍 が発行されています。






龍生派ブックレット 植物の貌シリーズ
三代目家元 吉村華泉著
龍生華道会刊

A5判のハンディなサイズで、毎回一つのテーマに絞って刊行される「龍生派ブックレット−植物の貌シリーズ」。

第一弾=[葉]、第二弾[花]、第三弾「複数の花器」がこれまで刊行されています。ちょっとした時間に眺めていると、いつでも新鮮な気持ちで植物の魅力に出会えます。













「植物の貌 新世紀−多様な視点から生まれる創造のいけ ばな−
三代目家元 吉村華泉著
主婦の友社刊

龍生派の基本となる考え方「植物の貌」を、花材別にまとめた構成でわかりやすくビジュアルで見せる作品集です。チューリップやかきつばたなどおなじみの植 物から、根や野菜といった少し変わった材料まで。巻末には家元による「植物の貌について」と題されたインタビューが収録され、いけばなのことをこれから知 りたいと思う人にも十分に楽しんでもらえる内容になっています。


書籍1














「龍生派の古典華−生花・立華のいけ方のすべて−
三代目家元 吉村華泉著
講談社刊

1886年の創流以来、一世紀以上にわたって伝承してきた龍生派の古典華が、この一冊の中に込められています。生花と立華それぞれで用いられる器や道具の 紹介から、簡単な歴史、様々な手法の違いやいける手順などが丁寧な説明と写 真入りでまとめられています。床の間の花に興味はあるけれどよくわからない、という人にも易しく伝わり、しかも奥の深さを持った内容です。


書籍2



















ikebana ryusei magazine

定期刊行物
月刊「いけ花 龍生」-A4判全40ページ-

龍 生派では、そのいけばなの魅力を伝える月刊誌「いけ花龍生」を発行しています。龍生派のいけばなを学ぶ人はもちろん、それ以外に花に興味を持つ人にも楽し める内容がいっぱいです。季節ごとの植物を用いた初心者向けの作例から、くらしのシーンへのいけばなの提案、また美術展をやさしくひもとくルポから現代建 築空間へ挑むインスタレーションまで幅広い内容を盛り込んでいます。 (年間購読の他、バックナンバーの受付も承ります。)












 

Copyright (c) Ryuseiha School